月別アーカイブ: 2015年3月

ネット学習塾の中学講座

今の中学生は大変だなと思う。学校の授業だけで
数学、国語、英語をきっちりと身に着けるのは困難で、
かといって放課後に学習塾に通うのも、
生き返りの道すがらの危険もあるので、
親御さんの送迎の問題まである。
必須科目としての数学や国語、英語の学習を
反復学習できる場はどうしても必要になるために、
家庭での学習の方法が非常に問われていると思う。
一部では早くからインターネットの活用がされており、
ネット学習塾の中学講座で数学・国語・英語を無料体験から行い
学習習熟度に合わせて、家庭学習の強化に生かしているという。
学習の仕方もネットで大きく変わる時代なのだ。

急にお金が必要になった場合

カードローンを考えたときにやはり一番気になるのはどこで借りるかということですよね。
出来れば少しでも金利の安い所で借りたいと誰でも思うはずです。
やはり金利の安さでは銀行系のカードローンということになるのでしょう。
しかし銀行系のカードローンは消費者金融系のカードローンと比べると審査が厳しいようです。過去に支払いの延滞などがある場合や現在他で借り入れがある場合には審査に通らない場合もあるようです。
そうなってくるとやはり消費者金融系のカードローンということになります。
消費者金融系のカードローンは一定期間利息が無料というキャンペーンなどをやっているところもあるので、そういうものを上手に利用するのもいいでしょう。1週間後の給料、1ヶ月後のボーナスなどで返済できる見込みのある場合にはこの無利息キャンペーンはとてもお得でしょう。
また消費者金融系のカードローンは銀行系のカードローンに比べて審査も通りやすく、即日融資可能のところがほとんどですから、急にお金が必要になった場合などはとても便利です。
カードローンは手軽で便利なのですが、ついつい借りすぎてしまう場合があります。利用する場合は必ず返済計画をきちんとたてて利用するようにしましょう。

カードローンの存在を知って

無担保無保証でお金を貸してくれるカードローンは庶民の味方ですよね。普通はお金って担保がないと借りられないと思ってたんです。住宅ローンは住宅に抵当権が設定してあるし、車のローンだって車が担保に入ってます。お金っていうのは担保がないと借りられないものだと勝手に思い込んでいました。なのでカードローンの存在を知って、カードローンが無担保無保証でお金を貸してくれると知って、ものすごく驚いたのとものすごく喜んだのとを覚えています。その時お金に困っていた私はすぐにカードローンを申し込みました。カードローンの申し込みはインターネットでしました。店頭とかに行くのは嫌だったし、無人契約機のドアを開ける勇気もありませんでしたから。こっそり隠れてスマホを使って申し込みをしました。申し込んで暫くすると仮審査の通過の連絡がありました。正直とても嬉しかったです。その後は本審査に入るということで本人確認資料の提出を求められました。本人確認資料とは運転免許証やパスポート、保険証のコピーのことです。通常これは郵送で行うか店頭まで持っていくかのどちらかだと思っていました。しかし、私が今回した方法はスマホのカメラ機能を使って運転免許証の写真を撮り、それをアプリから送信しただけでした。ほんとに超簡単!とはこのことだと思いました。

現金とクレジットカード払い

普段専門的な精密なおもちゃを販売している店舗で勤務しているが、海外のお客様も良く来店される。お店が観光地にあるため、購入目的ではなく興味本位で来 店される方も多いが、自国にいる子供への土産や、自分のために商品を購入される方も多くいる。そのときの支払い方法は、現金払いと発行した即日発行 クレジットカードクレジットカード払いが約半々くらいの割合でいる。海外の方は、特に男性は財布を持っている人が少なく、ポケットにそのままお札や硬貨を入れており、会計時 レジスターの値段を確認すると「ポケットにこれだけの金額はあるかなぁ??」といった感じでポケット内の物色を始め、何枚かのお金を手に取ると勘定をし、 レジの台の上にお金を置きだす。足りない場合まだあるはずと言わんばかりにポケットの深くを探しはじめ、奥のほうから小銭を出し代金を完成させる。この光 景はよくあることで、男性の場合ぶっきらぼうですこし憧れるようなワイルドさがあるし、なぜかフレンドリーで憎めない行動に感じる。一方発行したクレジットカード(スピード発行しました)クレジットカードでの支払いでも、出す発行クレジットカードによって少し受ける印象が違うのも事実である。店頭においてあるおもちゃは高額なもので20万円ほどの ものもあるが、月に何台かは海外の方が購入される。このくらいの額にはると現金払いは稀で、ほぼクレジットカード払いとなる。その際出される発行クレジッ トカードはブラックカードも少なくない。もちろん日本人でも高額な購入をされる方がいるが、ブラックカードを受ける頻度は海外の方の割合が多いように感じ る。海外に行ってまで高額な買い物をするのは、やはりその国の人以上にお金持ちの人であるという事なのかもしれない。ブラックカードで支払われた場合、不 安要素が少ないのも事実である。現金とクレジットカード払い、どちらが良いという事では無いが、それぞれその人柄が出ているような気もする。